キシベヤ
どうもこんにちは!『騎士舌汗の部屋』略して『キシベヤ』にようこそ! 話題はオールジャンルで扱っていくんで、どうぞゆっくりしていってくださいね
プロフィール

騎士舌汗

  • Author:騎士舌汗
  • 北海道・札幌市出身 埼玉県在住。
    ひょんなことから宅建・管理業務主任者を取得し不動産業界に縁を持つ。
    現在、某不動産管理会社所属。



訪問者様総数



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



気になったらクリック!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



今日のお天気


-天気予報コム- -FC2-



ケータイでキシベる

QR



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

騎士舌汗流富士登山・第2夜
どうもこんばんわ、騎士舌汗です。少し遅くなりましたが富士登山第2夜、お楽しみください。



前回のあらすじ
私・騎士舌汗、沓名氏共にほとんど寝ていないという状況で望んだ富士登山。我々はまったく富士を舐めていた。
まだ登山口についていないのに眼下には雲海。そしてものすごい冷気が我々を襲う、つーか睡魔が襲う。

我々ははたして無事富士山頂にたどり着きY先生に手紙を出すことができるのであろうか!?





ついに河口湖口にたどり着いた。いったい富士山登山とはどんなもんだろうか?と身構えるも、ダラダラとした下り坂が続く。アップダウンもほどんどない。
つーか楽勝?みたいな感じで私の歩調も早くなった。しかし、沓名氏は歩調がゆっくりだ。


キシベ: 「なんでそんなにゆっくり歩くの?」

沓名: 「今は出だしだから体を高地に慣らす必要があるからね。それにこれからどんどん勾配がきつくなるから飛ばさない方がいいんだ。」



沓名氏のアドバイスを受けて私もペースを下げる。さすがに沓名氏は富士山をよくわかっている。これは大正解なのだ。


実は河口湖口に限る話だが、序盤の参道は富士山を登っていない。登山口まで真横に移動しているだけなのである。
当然まったく登山がきつくない。そりゃそうだ。
真横に移動しているだけなんだから
これから富士登山に川口湖口から登る人はこれを十分に心していただきたい。



とはいっても少しは登っているようでいつのまにか6合目入り口に差し掛かった。ここからが本当の富士登山である。
岩避けの壁沿いに登山道がひたすらジグザグに上の方まで続いている。
さらに上の方に山小屋が見える。そしてもっと上の方にも山小屋があるようだが上すぎて良く見えない
そしてこれが一番恐ろしいかったのだが、沓名氏の話によると
今の場所から見えている山頂は本当の頂上ではないそうだ
さらに頂上は上で今の位置からは見えないのだそうだ。





・・・・・・・








俺はなんていう過ちを犯してしまったのだろう


しかしもう後戻りはできない。覚悟を決めて登り始める。



しばらく登っていくと完徹での登山が祟ったのか沓名氏が『眠ぃ~』しか言わなくなる。
ここが勝負だ。気合を入れて登る。



7合目まで来た。ここまでは比較的整備された登山道だったのだがここから先は違った。


完璧な岩場である

しかも気温がだんだん下がってきた。本当に気の抜けない登山が続く。



しかしこの辺で気づいたんだが、富士山は本当にゴミだらけだ。
登山道はゴミが少ない(それでもまったくないわけではない)のだが、登山道から少し離れた斜面を見ると引くほどのゴミが山積している。
かといって拾いにも行けない。なぜなら落石が発生するから。
今度富士山に登る時は拾える限りのゴミを拾って持ち帰ろう、と思った。






P7160027.jpg





8合目にさしかかる。本当につらい。岩場を登るのは本当に体力を消耗する。かといって少しでも休むと気温がめちゃくちゃ下がってきたのですぐ凍えてしまう。

まさに進むも引くも死





P7160024.jpg





山頂はまだまだである
P7160026.jpg





それでも根性で本8合目まで登る。沓名氏がかなり遅れているので茶屋でボルヴィックを飲みながら待っていると、下の雲海が切れて湖が見えてきた。




P7160028.jpg




P7160029.jpg

後で調べたんですが、どうやらこの湖は山中湖のようだ。





しばらく待ってみたら沓名氏が追いついた。この本8合からあと500メートルで山頂だ!
もう少しだ!!



続く





↓↓↓↓↓↓↓  記事が面白かったらクリックお願いいたします!



コメント

おぉキノさんどうも~。僕の旅、楽しんでいただけたでしょうか?


実は富士登山はあまり汗をかかないんですよ。理由はべらぼうに寒いからw
でも次回は教えを守ってしっかり背中にタオルをいれて臨みますよ。コンビニルックでね!


>コチラに来られる方のHNはみなさんハイレベルですね

喜んでいただけて光栄です(なにが?)
皆さん凝ったHNで書き込んでくれるので私も楽しんでコメント読ませていただいてます。

でも、僕はキノさんの「キノッサの屈辱」ってタイトル、すごく好きですよ^^
[2005/07/23 22:38] URL | 騎士舌汗 #tl.z6klY [ 編集 ]


ここまで、楽しく読ませてもらってます。
いや~、何がスゴイってコンビニルックで挑もうとしたキシベさんがスゴイ!(笑)ダメですよ、背中にタオル入れないと!(小学校の時先生に指導されました)
でも、富士山は想像以上に恐ろしいところみたいですね。○稲山とはワケが違うか…;
写真はどれも絶景ですね~!素晴らしい。

ところでコチラに来られる方のHNはみなさんハイレベルですね。またしてもツボをつかれて密かに爆笑してます。
[2005/07/19 22:44] URL | キノ #M6Y1kVDo [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kishiberohan.blog4.fc2.com/tb.php/79-e6ae9064
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。