キシベヤ
どうもこんにちは!『騎士舌汗の部屋』略して『キシベヤ』にようこそ! 話題はオールジャンルで扱っていくんで、どうぞゆっくりしていってくださいね
プロフィール

騎士舌汗

  • Author:騎士舌汗
  • 北海道・札幌市出身 埼玉県在住。
    ひょんなことから宅建・管理業務主任者を取得し不動産業界に縁を持つ。
    現在、某不動産管理会社所属。



訪問者様総数



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



気になったらクリック!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



今日のお天気


-天気予報コム- -FC2-



ケータイでキシベる

QR



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんな結婚しちゃうのね
どうもこんばんわ、騎士舌汗です。今日部屋でまったりしていたら突然携帯から『北の国から』が鳴り出した!
私、北海道の友人・知人からの電話の着信音は『北の国から』にしております。ぴったりでしょ?w
案の定友人でした。








10月に結婚するんだとさ!
相手の方には一度も会っていませんが、すごくやさしいいい女性のようです。



高校時代、彼には本当にお世話になりました。僕は貧乏で金がまったくなかったので彼にいつもたかっていました。
そして、ジャンプも買うお金にも困った私は、ある週からジャンプを買うのをやめました。
そのことにすぐに彼は気づきました。


「キシベどうしたの?ジャンプ買わないの?」


僕は正直に金が無いので今週からジャンプを買うのをやめたことを話しました。彼はその話を聞いて、


「じゃあ発売日には無理だけど、読み終わったらキシベに毎週あげるよ」


といってくれました。高校2年の春ぐらいだったと思います。




それが高校卒業するまで続きました。




そして高校を卒業して、僕も彼も浪人することになりました。
でも、彼との付き合いは切れませんでした。


「勉強の息抜きも必要だよね。引き続きジャンプあげるよ。君の家まで届けてあげるね。」


といって家までジャンプを持ってきてくれました。
1ヶ月ぐらい僕の家にジャンプが届けられなくて、久しぶりに届けに来てくれた時に


「毎週持ってこれなくてごめん」
って謝っていたのを今でも鮮明に覚えてます。





それが僕が東京の大学に合格するまで続きました。





僕が単身コンクリートジャングル・東京に切り込んでからも、彼は僕の実家にジャンプを届けてくれました。
僕が『もういいよ。本当に今までありがとう』って断っても持ってきてくれました。
その理由は


「キシベの弟がジャンプを読みたいだろうから」





それが、2年後僕の弟が地方の大学に合格して実家を出て行くまで続きました。





彼はそんな人でした。
僕は今は東京にいて頻繁に会えるわけじゃないけど、彼の結婚式には絶対に行きたいと思います。
それこそ会社を病欠扱いにしてでも北海道に行きます。
そしてここではっきりいいたい。


H君。結婚おめでとう。君の結婚相手は本当に幸せな結婚生活をおくれるだろうと、僕は確信してます。
そして、2人で幸せになってくれ
誰よりも幸せになってください

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kishiberohan.blog4.fc2.com/tb.php/63-d0a8e61b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。