キシベヤ
どうもこんにちは!『騎士舌汗の部屋』略して『キシベヤ』にようこそ! 話題はオールジャンルで扱っていくんで、どうぞゆっくりしていってくださいね
プロフィール

騎士舌汗

  • Author:騎士舌汗
  • 北海道・札幌市出身 埼玉県在住。
    ひょんなことから宅建・管理業務主任者を取得し不動産業界に縁を持つ。
    現在、某不動産管理会社所属。



訪問者様総数



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



気になったらクリック!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



今日のお天気


-天気予報コム- -FC2-



ケータイでキシベる

QR



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チベットの現在の状況にどうか目を向けてください
どうもこんばんわ。騎士舌汗です。今日は強い怒りをこめてこの文章を書きたいと思います。


現在中国・チベットで民衆の大規模デモが発生し、中国政府による武力鎮圧が行われています。

私は中国政府による虐殺に近いものがあるのではないか?と思っています。

しかも、中国政府はチベット自治区への交通路を完全に封鎖し、外部に情報が漏れない様工作までしています。




これが文明国のすることでしょうか?




加えて許せないのは表面的な報道しかしない日本のマスコミです。

僕は関東地方に住んでいるのですが、新聞・テレビのニュース報道共に踏みこんだ話は一切聞けませんでした。

反対に情報を正しく伝えようと敢えて中国内陸部に強行取材したCNNクルーのニュース報道がニコニコ動画に字幕付でアップされたり、チベット問題について詳しく憤りをもって解説してくれるブログがあったりとネットで詳細を私は知りました。



真実を知ろうと思ったら、ネットです。

今のマスコミ、ひいてはテレビはもう駄目だと思う。

と思ったら関西のローカル番組では本質に踏みこんだ報道がされているようです。

私が見た限りチベット問題のかなり本質に迫った内容だと思うので是非ご覧ください!!





その1-1




その1-2




その2-1




その2-2




その2-3



私もこの問題に憤りを感じている一人です。

しかし権力も無いし、力も無いし、文章力もありません。

ただ、このネットの中で小さいながらも声を上げる事ぐらいはできます。

どうか皆さんもこの問題を真剣に考え、そして知ってください。

騎士舌汗からのお願いです。




↓↓↓↓↓↓↓  記事に何かを感じたらクリックお願いいたします


チベット問題についてもっと知りたい方は、下記のブログが非常に参考になると思います。


http://blog.goo.ne.jp/kanataylfc/e/485e7f89d4594e462fbaa904109fce86

テーマ:許されない出来事 - ジャンル:ニュース


コメント

>コムちよさん

本当にその通りですね。

特に中国の中華思想は強力なので、日本もその波に巻きこまれてしまわないか心配です。

とゆーか、実際に中国と事を構えた時に日本人の何人が命をかけて国を防ぐのでしょうか?

チベットの件とは離れますが、このことは今からしっかり対策しなければならない問題ですね。
[2008/03/22 18:08] URL | 騎士舌汗 #tl.z6klY [ 編集 ]


中国は近いうちに四つに分裂するって

ハマコーが何年か前に予言してたよ。

きっと体制維持できなくなってきてるんだな。

中国もそうだけど、グルジア、チェチェン

ユーゴ、コソボETC・・・

まだまだ虐殺のある国が多いのは事実。

俺から言わせりゃ日本で暴動起きてないのが

不思議な位で。

決して目を背けてはいけないけど、決して対岸の火事ではない事は認識しておかなくちゃ

いけないよ。
[2008/03/22 10:45] URL | コムちよ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kishiberohan.blog4.fc2.com/tb.php/262-d6cbc799
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。