キシベヤ
どうもこんにちは!『騎士舌汗の部屋』略して『キシベヤ』にようこそ! 話題はオールジャンルで扱っていくんで、どうぞゆっくりしていってくださいね
プロフィール

騎士舌汗

  • Author:騎士舌汗
  • 北海道・札幌市出身 埼玉県在住。
    ひょんなことから宅建・管理業務主任者を取得し不動産業界に縁を持つ。
    現在、某不動産管理会社所属。



訪問者様総数



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



気になったらクリック!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



今日のお天気


-天気予報コム- -FC2-



ケータイでキシベる

QR



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山梨県を旅行する ~ 勝沼ワイナリーと念願のほったらかし温泉へ ~
どうもこんばんは、騎士舌汗です。

今日は昨日に引き続き山梨の旅行の話をしたいと思います。



富士宮でやきそばを食べた後、山梨県は勝沼に行きました。

さすがに高速道路もなく山道が続いたので到着まで2時間ほどかかりましたが、何とか勝沼に到着です。

ここも過去に一度訪れたことがあるのですが、勝沼は本当にぶどうの里ですよね。

沿道にはブドウ畑が広がり、ぶどう狩りができる農園が沢山あります。

沿道に立つおばちゃんも何とか自分の農園に寄って欲しいのか激しく手を振って呼び込みをしていますw



私が行ったのは勝沼ぶどうの丘なんですが、勝沼ワインが沢山並んでいてお土産にどのワインを買おうか非常に悩みました。

私は赤ワインが好きなんですが、赤ワインにも色々種類がありますね~

迷うのも楽しかったです。



お土産選びに疲れたので、カフェでお茶しながら一休み。

セットで頼んだヨーグルトには、勝沼産のぶどうジャムがたっぷりかかっています。

これが非常に美味しかった!

思わず食べ終わった後にジャムをお土産として買ってきたほどですw
ぜひワインと合わせてご賞味ください。



その後夕食としてほうとうを食べたのですが、割愛
(まずかった・・・・・)



夜も更けて夜景がきれいになってきたので、いよいよ念願のほったらかし温泉に向かいます。

勝沼から30分くらいでしたか。


ちなみに車のナビで「ほったらかし温泉」を検索するとちゃんとほったらかし温泉が出てくるのですが、その出てくる場所にはほったらかし温泉が無いという孔明の罠がありますのでご注意ください!

(実際にナビ通りに向かったら注意をうながす看板が途中に立っていましたので、万が一間違えても大丈夫だと思います)



フルーツ公園の中を通ってひたすら道がなくなるまで山を登ると、そこがほったらかし温泉です。

途中道がべらぼーに狭くなり『本当にほったらかし温泉があるの?』と不安になるでしょうが、ちゃんとありますので安心して向かってください。



このほったらかし温泉、湯が「あっちの湯」、「こっちの湯」と2つあり入浴料600円ではどっちか一方しか入れません。

ちょっと迷ってしまったのですが、ほったらかし温泉の入り口に変なかかしがサイコロを持って立っていて、そのサイコロに「あっち」「こっち」と書いてあるのを発見!

ためしに振ってみたら「こっちの湯」が出たのでこっちの湯に入りましたw


こっちの湯の感想ですが、山の上から甲府盆地の夜景を見ながら入る露天風呂はさすがに気持ちよかったです^^

ネットで人気なのもわかります。


ただ、いくつかほったらかし温泉の気になる点がありましたので、ここに書いておきます。




・これはこっちの湯に関しての話ですが、夜景が前面に見えるわけではありませんでした。
ちょうど展望の真ん中ぐらいに小高い山があり、景色を2分してしまっています。ちょっとだけ残念。


・お風呂が上段と下段の2段に分かれてるんですが、下段の風呂への降り方がちょっとわかりずらいです。しかもお風呂に入ると夜景が見えません・・・・・


・脱衣所にロッカーがあるんですが、有料です。(リターン式ではなく100円が戻ってきません)
また、ドライヤーも有料です。(100円)


・ほったらかし温泉自体が山の上にあり、そこに向かう道がわかりずらい&道が途中とても狭いので対向車とぶつかりそうになる






いくつか気になった面もありますが、今度はあっちの湯にぜひ入りたい!と思わせてくれる夜景なので、山梨に行った際はぜひ訪れてみてください。



ちなみに、ほったらかし温泉名物『温たま』も食べてみました。

『温たま』というのは温泉卵をころもで揚げたもので、100円ということもあり気軽に食べられます。

食べた感想はころもの中からトロトロの温泉たまごが出てきてうまいです!塩気もよく効いてます。


ほったらかし温泉に行かれた際は、ぜひご賞味ください ^ ^




↓↓↓↓↓↓↓  記事が面白かったらクリックお願いいたします!


またまた追記になりますが、写真をアップロードします。

秋の富士登山の紅葉狩り写真を大幅にアップロードしたので、合わせてご覧ください ^ ^





SA360065.jpg

快川和尚の『心頭滅却すれば火もまた涼し』の言葉で有名な恵林寺・山門です。

しかし日が暮れてから撮影したので何とも言えない不気味さですw

テーマ:山梨 - ジャンル:地域情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kishiberohan.blog4.fc2.com/tb.php/213-a4406ea9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。