キシベヤ
どうもこんにちは!『騎士舌汗の部屋』略して『キシベヤ』にようこそ! 話題はオールジャンルで扱っていくんで、どうぞゆっくりしていってくださいね
プロフィール

騎士舌汗

  • Author:騎士舌汗
  • 北海道・札幌市出身 埼玉県在住。
    ひょんなことから宅建・管理業務主任者を取得し不動産業界に縁を持つ。
    現在、某不動産管理会社所属。



訪問者様総数



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



気になったらクリック!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



今日のお天気


-天気予報コム- -FC2-



ケータイでキシベる

QR



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士山リベンジ ~そこに山があるから、やっぱり今年も登山しました!~ 第一話
どうもこんばんは、騎士舌汗です。

前に一度書きましたが私、騎士舌汗は富士山に登山したことがあります。それも0泊1日!もちろん頂上まで行きました。

↓↓ちなみに過去の登山の様子はこちら↓↓
http://kishiberohan.blog4.fc2.com/blog-entry-78.html



この話を飲み会などでたまに話すんですが、会社の同期にある日こう言われました。





『俺富士登山にすごい憧れているんだよね。やっぱり一生に一度は登ってみたいじゃない。でね、師匠にお願いがあるんだけど富士登山の案内してくれない?』





最初は冗談かと思っていましたが、彼は本気のようです。
そんな中実は僕も登りたかったという同期が出てきました。皆さん本気で富士登山したいようです。
じゃあ、というわけで私自身1度しか登ったことがないのですが私が案内役になり富士登山を行うことになったのです。
















0泊1日で




予定はこうです。

火曜の夜に上野駅に集合・出発。

中央自動車道を乗り継いで富士山登山口へ。

夜が明けるか明けないかぐらいの時間帯から富士登山開始

お昼頃富士登山到着予定(時間と体力が許せばお鉢巡り)

富士登山恒例・山頂から北海道の恩師へお手紙送付

日が落ちるまでに下山

ほうとう !

温泉!!


の予定でした。

しかし、本当に予定というものは予定通りに行かないものですね。
というか、今回の富士登山は一筋縄ではいきませんでした!!



参加メンバーは以下の4人



騎士舌汗:今回の登山の案内役。登山隊を引っ張る立場だったのですが、仲間に引っ張っていただき沢山助けていただきました。登山隊のツッコミ役。


M氏:我々の中で一番年上の生粋の浜っ子。登山隊のムードメーカーだが、悲しいかなド変態である。変幻自在のボケと下ネタを繰り広げる。


Y氏:AB型の埼玉県民。他の人の個人的な相談に乗ってあげたりと非常に頼りになる一面がある。登山隊のまとめ役。でもツッコミはやってくれない。


S氏:生粋の千葉県民。そして生粋のボケである。彼がノッているときのマシンガンボケには目を見張るものがある。
ちなみにものまねも得意で、十八番は『中尾彬』と『浅香光代』。



当時は私は東京都民だったので、「東京・埼玉・千葉・神奈川」と首都圏民が揃い踏みですね。今書いていて気づきました。(まあ僕は道産子だけど)


今回の登山はS氏の愛車・レガシィを出してもらいました。Sさん本当にありがとうございました。






さて、気になる旅路の結果なんですが、




火曜の夜に上野駅に集合・出発。

中央自動車道を乗り継いで富士山登山口へ。




ここまでは非常に順調でした。皆さん仕事終わりでまったく寝てないのに元気です。途中のコンビニで登山の食料や飲み物を買いこんだりと楽しく山梨県まで来ることができました。

ちなみに今回私が選択した富士登山の登山道は前回登った河口湖口ではありません。





須走口という所です。




ちょっとマイナーな入り口ですが、一度河口湖口から登山したことのある方なら覚えていらっしゃると思います。登山途中で別の登山口と合流した場所がありませんでしたか?
それが須走口です。



須走口は非常におすすめの登山道で、人も少なめで登りやすいし、登山途中は樹林帯なので森林浴と本格的な登山の両方が楽しめます。
また、途中で河口湖口と合流しますので「のんびりした富士登山」と「観光登山化した富士登山」の両方が楽しめます。
しかも下山道に『砂走り』があるので下山が非常に楽チンです!
(砂走りというのは、地面がやわらかい砂地になっているので一足で稼げる距離が大きく、アッという間に下山できます!)























とネットに書いてありました


全然ちゃうやんけ!!


次回、我々キシベ登山隊の涙と汗と、そして仲間に支えられた富士登山の記録を書き記したいと思います。




↓↓↓↓↓↓↓  記事が面白かったらクリックお願いいたします!


テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kishiberohan.blog4.fc2.com/tb.php/206-9df3cefc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。