キシベヤ
どうもこんにちは!『騎士舌汗の部屋』略して『キシベヤ』にようこそ! 話題はオールジャンルで扱っていくんで、どうぞゆっくりしていってくださいね
プロフィール

騎士舌汗

  • Author:騎士舌汗
  • 北海道・札幌市出身 埼玉県在住。
    ひょんなことから宅建・管理業務主任者を取得し不動産業界に縁を持つ。
    現在、某不動産管理会社所属。



訪問者様総数



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



気になったらクリック!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



今日のお天気


-天気予報コム- -FC2-



ケータイでキシベる

QR



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕の先輩






どうもこんばんわ、騎士舌汗です。今日はすごくいい天気でしたね。つーわけでもないんですが、ちょっと日本橋まで出かけてきました。
大学時代の先輩に数年振りに会いに行ったんです。
その話の前に、皆さんにお知らせしておきたいことがあります。


私ね、大学時代にかなり特殊なサークルに入っていたんですよ。なかなか回りにそんな奴はいないね、みたいなサークルなんですよね。
そのサークルとはね・・・・・













落語研究会です

いやーお恥ずかしい。実は僕も大学時代にお笑いをやってました。コントも漫才も、当然落語もやってました。
僕は入部当初からお笑いをやりたかったんですが、プロで食っていきたいとはこれっぽっちも思っていなかったんで今は何もやってません。
つーか、お笑い芸人として『面白くない』ということ以外にもう一つ致命的な欠点があったんですよ。












かみまくるんですよ、私

現に今の職場でも慣れてきたとはいえ朝の挨拶をたまにかんでしまい、同僚の失笑を買っておりますw



まあそれは置いておいて、僕はプロになるつもりはなかったんですが、僕の先輩はプロになりました。落語家です。
その先輩の落語を見に行ってきました。



数年振りに舞台に現れた先輩はあの当時のままの先輩でした。
そして、先輩の落語が始まりました。
今日演じてくれた落語はかの有名な『時そば』でした。僕も落語として聞くのは初めてだったのでいい経験になりました。


というよりも


面白かったです。
僕が知っていた当時の『大学落研の先輩』ではなく、『プロの落語家』の落語でした。うまさが当時より全然上がってます。
つーか人物の演じが上手く、普通に笑ってしまいました。



「時そば」ってそばを食べているシーンが演者としての一番の見せ場なんですが、(なんか俺も落研っぽいなw)先輩のそばのすすり方がすごく上手でした。
あんなん僕にはできません。



K先輩。今日はお疲れ様でした。
機会があればまた見に行きたいと思います。
そして今度ぜひ飲みに行きましょう!



ネタが面白かったらクリックお願いいたします

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い


コメント

>寝子乃さん

こんばんわ!寝子乃さん落語好きですか。いいですね~!

本当に上手い人の落語を聞くと笑ってしまうのはもちろんなんですが、『上手いなぁ』と感心してしまいますよね。

ちなみに僕が本当に芸がある落語家だと思っているのは、春風亭小朝。
彼は18歳ぐらいで落語の世界に飛び込んで、24歳ぐらいで真打になってます。まさに天才。
寝子乃さんも機会があったら彼の落語を聞いてみてくださいね。

ちなみに落研時代に立川談志の話を生で聞いたことがあるんですが、難しくて何を言っているのかまったくわからなかったですw


>騎士舌汗さんの記事が面白いのも、落語をなさっていたから

僕のしょぼい記事をそう言ってくれるのは寝子乃さんだけです。
これからも頑張っていきますから、よろしくお願いしますね!


PS:そのドラマ知らなかったです。ちょっと興味があります。もしよかったら今度教えてくださいね ^^
[2006/03/24 00:23] URL | 騎士舌汗 #tl.z6klY [ 編集 ]


こんばんは~、寝子乃です。
騎士舌汗さん落語サークルに入ってらしたんですねー!
凄いです、羨ましいです!
わたし大好きなんですよ~、落語。

日本の伝統芸能についての知識を深めるということもさながら、あの語りの上手さ。素晴らしいです。
話すのがあまり得意ではない私には落語家はまさに憧れの対象ですねw
少し前、口下手なヤクザが落語家を目指すというドラマがありましたが(ご存知でしょうか?)、まさにあのヤクザと同じ心境。

騎士舌汗さんの記事が面白いのも、落語をなさっていたからか、と納得した寝子乃でした。
[2006/03/22 23:44] URL | 寝子乃 #Zwwq8mTA [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kishiberohan.blog4.fc2.com/tb.php/167-04885b31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。