キシベヤ
どうもこんにちは!『騎士舌汗の部屋』略して『キシベヤ』にようこそ! 話題はオールジャンルで扱っていくんで、どうぞゆっくりしていってくださいね
プロフィール

騎士舌汗

  • Author:騎士舌汗
  • 北海道・札幌市出身 埼玉県在住。
    ひょんなことから宅建・管理業務主任者を取得し不動産業界に縁を持つ。
    現在、某不動産管理会社所属。



訪問者様総数



カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



気になったらクリック!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



今日のお天気


-天気予報コム- -FC2-



ケータイでキシベる

QR



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温泉天国!?埼玉県
どうもこんばんは、騎士舌汗です。


何でか知らないですが、よく「キシベさんってお休みはどのように過ごされているんですか?」と聞かれることが多いです。

私、基本的にひきこもりなんであまり外にでて遊ばないのですが、一つとても好きなことがあります。





温泉めぐりです





これは実際に住むまで僕自身も知らなかったことなんですが、埼玉県って温泉天国なんですよね。

いたるところに温泉施設があります。
(ちなみに大宮駅から歩いてすぐの場所にも温泉が湧いています)

当然私の住んでいる辺りも温泉施設が多く、休みの日は温泉に入るのが楽しみの一つになっています。



中でも私が埼玉県で一番気に入っている温泉が、行田天然温泉 『古代蓮物語』です。



場所は埼玉県行田市ということで、ほぼ熊谷ですし、近くにJRの駅も無いので都内から訪れるのは非常に大変ですが、とても良い温泉です。


とにかく温泉施設が新しく全体的に清潔感があふれている所がまずポイントですね。

食事所でゆっくり食事もできますし、無料のお休み所もありのんびりできます。


ちなみにこのお休み所、マンガが置いてあるのでマンガをのんびり飲みながらゆったりとくつろぐことができます。(花の慶次とかドラゴンボールとかが置いてありました)

また、冷たい電解水も無料で飲むことができるので喉の渇きも癒せますよ^^





肝心の温泉ですが、館内同様非常に清潔感のある温泉で掃除が行き届いている感じがあります。

また温泉自体も加熱はしているもののかけ流しになっており、泉質にこだわられる方も満足がいくものだと思います。

といっても、埼玉県は温泉の衛生基準が厳しいので多少カルキ臭がします。まあこれは埼玉県内のどの温泉にもいえるのでしかたがない面でしょう。





そしてここからがキシベ的に大きなポイントなんですが、曜日に関係なく21時以降に入館すると入浴料が500円になります。

23時閉館ですが、21時ぴったりに入れば2時間のんびりすごせてマンガも読んで、美味しい電解水も飲めて500円ですよ!これはかなりいいですよね。

だって都内の温泉に行こうとしたら2時間制限制で2,3000円は取られますからね。しかも混んでるし。それに比べれば非常にお得です。





また、「夜21時から入館はきついよ!」という人は朝入浴がおすすめです。

開館9時から12時までに入館すれば500円で温泉に入れるだけではなく、その時間帯に一回入館してしまえばいつまで滞在してもよいそうです^^v


非常にゆったりと温泉を楽しむことができる行田天然温泉 『古代蓮物語』。

お近くでしたらぜひお立ち寄りになってみてはいかがでしょうか?



ホームページアドレスを下記に貼り付けておきますね。



↓↓↓キシベ推薦!行田天然温泉 『古代蓮物語』↓↓↓

http://www.dormy-spa.com/gyouda/





↓↓↓↓↓↓↓  記事が面白かったらクリックお願いいたします!


スポンサーサイト

テーマ:彩の国埼玉 - ジャンル:地域情報

宅建について
どうもこんばんは、騎士舌汗です。


早いもので私が宅建を受験してから早1年が経ちました。月日が流れるのは本当に早いものですね~

去年受験して惜しくも涙を呑んだ(合格まで1点足りなかった!)友人のS氏がめでたく39点を取得され、宅建合格見込みになりました。



ちなみに、S氏とは富士山で自分の車を走行不能にしたS氏です。



どうやらS氏の合格を祝って後輩・同僚達と盛大な飲み会が千葉で開かれたようです。
(私は仕事のため不参加)


祝ってくれる仲間がいるっていいものですよね。


ちなみに私が合格した時はこのブログで皆さんに報告して一人悦に入っていたような記憶がありますw


しかし、せっかく取った宅建ですから大いにその資格を生かせるようにしたいですね。

ちなみに私自身は建築基準法とか建ぺい率とかかなり忘れていることが多いので、もう一度勉強し直した方がいいな、と思っている今日この頃でございます。




↓↓↓↓↓↓↓  記事が面白かったらクリックお願いいたします!


山梨新名物!? 『ハッピードリンクショップ』って何?
どうもこんばんは、騎士舌汗です。


昨日北海道の母親に電話しました。
母親の話によると、来月仲の良い友人達と洞爺湖に温泉旅行に行くそうです。

元仕事仲間達と行くらしいですが、仕事の関係がなくなっても一緒に遊びにいけるなんていい関係ですよね。

あ、そう言えば私も元同僚とサッカー見に行ったり飲みに行ったりしてますね。

血ですかねw





さて、前回までで富士登山・山梨旅行についてはあらかた書き終えたのですが、まだネタが残ってましたので本日書きおろしていきたいと思います。





実は富士宮から勝沼に向かう途中、甲州市内の県道脇で変な看板を見つけたんですよ。



『ハッピードリンクショップ』



何だ?と思っている内に車だったんでその場所を通り過ぎました。


非常に気になったんですが、車をUターンさせてまで確認するほどのことでもないので(そりゃそうだ)そのまま車を走らせたんですね。

そしたら再び先ほどの看板が出てきました。



『ハッピードリンクショップ  70円~から  お買い得!』



70円ってどんだけ安いんだよ!と思って確認したかったんですが後続車が結構いてすぐに車を止めることができず、やむなく通過。



その一瞬で確認したところ、このハッピードリンクショップなる所はただ3~4台ジュースの自動販売機が集まっているだけの場所のようですw



しかし、特徴的なのがジュースの自動販売機の前のスペースがものすごい広くとられてました。

そう、車1台を自動販売機の前に余裕で横付けできるくらいのスペースです。
これってもしかして・・・・・




















缶ジュース専門のドライブスルー??

助手席から身を乗り出せばジュースを車に乗ったまま買えそうです。
それも70円で。


うーん謎だ。すごーく気になる!

今度発見したら停車して必ず調査してやる!!


と思っていたんですが、その後勝沼ぶどうの丘・ほったらかし温泉に向かう途中にも埼玉への帰り道でも『ハッピードリンクショップ』が再び現れることはなかったのです・・・・・





とても気になったので自宅に帰ってきてからネットで調べてみると、どうやらこの『ハッピードリンクショップ』は山梨県内にしか無いようです。

(例外的に一部長野県などにも設置されているようです。何か千葉のマックスコーヒーみたいだなw



いづれにしても、これは「ほうとう」「富士山」「武田信玄」に続く山梨県の新名物でしょ!?



つーわけで、この度は調査に失敗してしまいましたが次回山梨県を訪れる際は必ず調査し、写真付きで皆さんに報告したいと思います!




↓↓↓↓↓↓↓↓  記事が面白かったらクリックお願い致しますm(_”_)m

テーマ:山梨 - ジャンル:地域情報

富士山を激写してみる
どうもこんばんわ、騎士舌汗です。

今日は昨日のACL観戦で疲れてしまったので軽めの更新にします ^ ^;;



先日山梨県に行った時のちょっとしたネタです。



天気がいいと埼玉県からでもくっきり見える富士山ですが、さすがに山梨県に入ってから見える富士山は迫力が違いました!

高速道路も全然混んでないですし、天気もいいのでいい写真が撮れるかな?と走行中の車内から富士山を激写してみたら・・・・・




















富士登山2007-010

あらー運悪くちょうど木の陰に隠れてしまいました



しかたないのでもう一度撮ろうと思い待ち構えていたら、絶好のビューポイントが見えてきました。

ここだ!と思いシャッターを切ってみたら・・・・・




















富士登山2007-011

今度は看板に隠れちゃったよ!



こんなの狙っても撮れないですよねw ありえね~

これが撮れた瞬間思わず笑ってしまいましたw



そうはいってもやっぱりきれいな富士山が撮りたいのでしばらく待ってみると、山陰に隠れたり道路脇の木の陰になったりでなかなか撮るチャンスがありません。


やっと撮るチャンスが来たので撮った写真が下記になります。





富士登山2007-012

う~ん、やっぱりきれいですね~





富士登山2007-013

もう一枚撮りました



以上、山梨旅行の小ネタでした。




↓↓↓↓↓↓↓  記事が面白かったらクリックお願いいたします!


テーマ:山梨 - ジャンル:地域情報

ACL アジアチャンピオンズリーズ ~ 浦和レッズ 対 城南一和 ~
どうもこんばんは、騎士舌汗です。


昨日はACLの準決勝、浦和レッズ対城南一和の試合が埼玉スタジアムでありましたね。

私、この試合のチケットを取ることなんて絶対できないと思い、早々にサッカーバーを予約してサッカーバーで観戦するつもりでいました。

そしたら、偶然ACLのチケットを取っていらっしゃる方から「一緒に見に行きましょう」とお誘いいただいたので、すぐにサッカーバーの予約をキャンセルして埼玉スタジアムへ向かいましたw







夜の埼玉スタジアムは初めてです。





しかも今回はSBシートなので指定席になります。早めにスタジアムに行って席取りをしなくていいので楽チンですね ^^

今回指定席ということで試合開始30分前にスタジアムに着いたんですが、すでにスタジアム内はすごい熱気でした。





SA360069.jpg

すでに城南一和側がアップを始めていました。





SA360070.jpg




先に来ていた友人である熱狂的な浦和レッズサポーターのW氏に電話。

会社を代休にしてすでに17時前からスタジアムにいらっしゃっていたそうです。さすがです!

今日は一緒に見ることができませんが、次回はぜひ一緒にゴール裏で応援しましょう!



私の座るSB指定席は結構上の方だったのですがさすが埼玉スタジアム、サッカー専用スタジアムなんでピッチがすごく近く感じられます。

これが国立競技場とかだと本当ピッチの選手が豆粒に見えますw


そしていよいよ試合です。





SA360072.jpg

見事な「WE ARE REDS!」のマスゲーム





SA360071.jpg

結構席が上の方だったのですが、かなりピッチが近い印象でした。





過去に何度か浦和レッズの試合をスタジアムで見た事があるんですが、はっきり言って今日の浦和は動きが鈍かったと思います。

多分大事な試合が連続で続いていて選手に疲労が溜まっているのでしょう。

ボールキープ率も城南一和の方が明らかに上でしたし、かなり攻めこまれていました。きわどいシーンが何度も何度もありましたね・・・


試合は何とか2-2で90分終えたんですが、私は延長戦で浦和レッズが勝つとは思っていませんでした。

動きが悪いし、何か今日は得意のサイド攻撃がうまくかみ合っていなかったからです。

それよりも城南一和に点をいれられないかの方が非常に心配で、ヒヤヒヤして見てました。


そして延長戦でも決着がつかず、試合はPK戦になります。


はっきりいってPK戦は実力というより『運』の要素が強いじゃないですか。

その分、サポーターが大勢押し寄せているホーム・浦和レッズが有利になるだろうと思っていました。
つーか、多分勝つだろうなぁ と。

そして5-3でPK戦を勝利し、浦和レッズACL決勝進出を決めました!!





SA360073.jpg

PKで勝利が決まった瞬間です!





SA360074.jpg

もう何が何だか写真ではわかりませんねw





いやー勝ちましたね。

正直もうちょっと楽に勝つかな?と思っていたんですが、サッカーというのは本当にわからないものです。

しばらく勝利の余韻に浸って帰宅したのですが・・・・・















スタジアムから浦和美園までが遠すぎます

人が多すぎて駅までまったく進みません。

スタジアム出てから駅まで35分くらいかかったような気がしました。

そして電車も激混み・・・・・

家に着いたのが0時を回っていました。同じ埼玉県内なのに・・・・・



平日にこれでは疲れて仕事に影響が出るので、次回のACL決勝は当初の予定通りサッカーバーで観戦したいと思います。




↓↓↓↓↓↓↓  記事が面白かったらクリックお願いいたします!


テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ

山梨県を旅行する ~ 勝沼ワイナリーと念願のほったらかし温泉へ ~
どうもこんばんは、騎士舌汗です。

今日は昨日に引き続き山梨の旅行の話をしたいと思います。



富士宮でやきそばを食べた後、山梨県は勝沼に行きました。

さすがに高速道路もなく山道が続いたので到着まで2時間ほどかかりましたが、何とか勝沼に到着です。

ここも過去に一度訪れたことがあるのですが、勝沼は本当にぶどうの里ですよね。

沿道にはブドウ畑が広がり、ぶどう狩りができる農園が沢山あります。

沿道に立つおばちゃんも何とか自分の農園に寄って欲しいのか激しく手を振って呼び込みをしていますw



私が行ったのは勝沼ぶどうの丘なんですが、勝沼ワインが沢山並んでいてお土産にどのワインを買おうか非常に悩みました。

私は赤ワインが好きなんですが、赤ワインにも色々種類がありますね~

迷うのも楽しかったです。



お土産選びに疲れたので、カフェでお茶しながら一休み。

セットで頼んだヨーグルトには、勝沼産のぶどうジャムがたっぷりかかっています。

これが非常に美味しかった!

思わず食べ終わった後にジャムをお土産として買ってきたほどですw
ぜひワインと合わせてご賞味ください。



その後夕食としてほうとうを食べたのですが、割愛
(まずかった・・・・・)



夜も更けて夜景がきれいになってきたので、いよいよ念願のほったらかし温泉に向かいます。

勝沼から30分くらいでしたか。


ちなみに車のナビで「ほったらかし温泉」を検索するとちゃんとほったらかし温泉が出てくるのですが、その出てくる場所にはほったらかし温泉が無いという孔明の罠がありますのでご注意ください!

(実際にナビ通りに向かったら注意をうながす看板が途中に立っていましたので、万が一間違えても大丈夫だと思います)



フルーツ公園の中を通ってひたすら道がなくなるまで山を登ると、そこがほったらかし温泉です。

途中道がべらぼーに狭くなり『本当にほったらかし温泉があるの?』と不安になるでしょうが、ちゃんとありますので安心して向かってください。



このほったらかし温泉、湯が「あっちの湯」、「こっちの湯」と2つあり入浴料600円ではどっちか一方しか入れません。

ちょっと迷ってしまったのですが、ほったらかし温泉の入り口に変なかかしがサイコロを持って立っていて、そのサイコロに「あっち」「こっち」と書いてあるのを発見!

ためしに振ってみたら「こっちの湯」が出たのでこっちの湯に入りましたw


こっちの湯の感想ですが、山の上から甲府盆地の夜景を見ながら入る露天風呂はさすがに気持ちよかったです^^

ネットで人気なのもわかります。


ただ、いくつかほったらかし温泉の気になる点がありましたので、ここに書いておきます。




・これはこっちの湯に関しての話ですが、夜景が前面に見えるわけではありませんでした。
ちょうど展望の真ん中ぐらいに小高い山があり、景色を2分してしまっています。ちょっとだけ残念。


・お風呂が上段と下段の2段に分かれてるんですが、下段の風呂への降り方がちょっとわかりずらいです。しかもお風呂に入ると夜景が見えません・・・・・


・脱衣所にロッカーがあるんですが、有料です。(リターン式ではなく100円が戻ってきません)
また、ドライヤーも有料です。(100円)


・ほったらかし温泉自体が山の上にあり、そこに向かう道がわかりずらい&道が途中とても狭いので対向車とぶつかりそうになる






いくつか気になった面もありますが、今度はあっちの湯にぜひ入りたい!と思わせてくれる夜景なので、山梨に行った際はぜひ訪れてみてください。



ちなみに、ほったらかし温泉名物『温たま』も食べてみました。

『温たま』というのは温泉卵をころもで揚げたもので、100円ということもあり気軽に食べられます。

食べた感想はころもの中からトロトロの温泉たまごが出てきてうまいです!塩気もよく効いてます。


ほったらかし温泉に行かれた際は、ぜひご賞味ください ^ ^




↓↓↓↓↓↓↓  記事が面白かったらクリックお願いいたします!


続きを読む

テーマ:山梨 - ジャンル:地域情報

富士登山リターンズ ~ 富士山に紅葉狩りに行ってきました ~
どうもこんばんわ、騎士舌汗です。


すごく天気が良かった&そろそろ紅葉狩りの季節ということで、思い立って富士山に行ってきました。


思えば8月に富士登山に行って、この度また富士山に行くなんて本当に私も富士山好きですね。


今回訪れたのは富士登山道でも人気のある富士宮口です。


埼玉から圏央道に乗っていけば富士宮口まで2時間弱でいけます。

本当、圏央道のおかけで埼玉県から東京都・山梨県へのアクセスが飛躍的に楽になりましたね^^

圏央道・中央道と乗り継いで、あの忌まわしい須走まで高速でやってきました。

須走口には行きませんよ。だってレッカー呼ぶ羽目になりそうな予感がするんだもん


富士宮口の富士スカイラインは車で一番高い場所までいける道路です。

一気に2300Mぐらいまで車で富士山を登ることができます。すごいね~

しかもこの道路、無料で走ることができます!なので私はこの道路を非常に気に入っていて、過去3回ほど訪れたことがあります。


















まあいづれも雨でしたがね
(実は騎士舌汗は雨男です・・・)


しかし今回は朝から快晴で登ってみるとものすごい良い景色でした!

遠く太平洋・伊豆半島までよく見渡せ、絶景ですね~





富士登山2007-014

遠くに太平洋が見えます。絶景です!





SA360057.jpg






富士登山2007-015

伊豆半島が遠くに見えます。
本当こんな絶景が無料で見られるなんてありがたいです。





富士登山2007-016

富士宮口から富士山山頂を望む。
山頂はすでに冠雪してますね。





SA360058.jpg

しかし本当によい天気です





SA360060.jpg

富士宮登山道の入り口にある看板です。
2400Mの高度まで車で登ってこられるのは冷静に考えてやっぱりすごいですよね。





さて肝心の紅葉ですが、まだ5割ほどの色付きですね。
富士山に紅葉を見に行こうとしていらっしゃる方はもう少し待ってから訪れるとよいと思います。





SA360061.jpg

富士山の上の方だからもう紅葉は始まってるかと思ったんですが、本格的な紅葉はまだまだこれからといった様子。

今月末か来月の頭が紅葉の見頃かと思います。





SA360059.jpg






実は富士宮口に来たのは紅葉狩り以外にもう一つ目的がありました。



宝永火口が見たかったのです。



宝永火口というのは富士山が最後に噴火した江戸時代・宝永年間の火口跡で、富士宮登山道から30分ぐらいで辿り着けるハイキングコースとしてもうってつけの場所なんですよ。

というわけで景色を見た後、宝永火口までハイキングに行ってきました。

事前情報通り30分ほどで宝永火口に着きました。





SA360062.jpg

これが前々から訪れたかった宝永火口です!

なんて雄大な景色なんでしょうか!! 訪れてよかったです ^ ^





SA360063.jpg

宝永山を望む。

つーか宝永火口が雄大すぎて全景をうまく撮影することができませんでした!





しかし今日の富士山は快晴なんですが、いかんせん風が強い!!

口の中に砂が入るだけじゃなく、風に飛ばされた砂が勢い良く顔面に当たり非常に痛いです!

あと、富士山は非常に寒いのでフード付の防寒具を行かれる方は持っていくのをお勧めいたします。





宝永火口を堪能し、ふと時計を見るとまだ12時半。

埼玉を出たのが朝8時過ぎくらいだったので、本当に富士山って近い感じがします。

ちょうど昼時なので、富士宮口の玄関街・富士宮へ。

富士宮と言えば、『やきそば』ですね^^


私、以前富士宮に友人達とやきそばを食べに来た時になかなか良い店を見つけたので、今回もその店に行ってきました。


富士宮やきそば  つぼ半
http://r.tabelog.com/shizuoka/rstdtl/22001195/



このお店は新しいお店ではないのですが、鉄板も年季が入っておりおかみさんも優しいのでふらりと立ち寄りたくなるお店です。
スタンダードな富士宮やきそばを食べさせてくれます。

早速五目やきそばを注文。おかみさんが丁寧に焼き方を教えてくれます。
非常に美味しそうな匂いが店内を包みます。

で、焼きあがったので食べてみると・・・・・



う~んやっぱりうまいね~


ここのやきそばは素朴でめちゃくちゃうまい!というわけではないのですが、ふとしたきっかけでまた行って食べたくなる、そんなやきそばです。

美味しいので富士宮に行った際はぜひお立ち寄りください。


ちなみに、店にお客さんのお店の感想ノートが置いてあったので記念に書きこんできました。

店に行った際はちょっと探してみてください。

ちゃんと『騎士舌汗』と署名してますから、すぐわかりますよw


やきそばを堪能後、山梨県に向かったんですがその話はまた次回お話させていただきますね。




↓↓↓↓↓↓↓  記事が面白かったらクリックお願いいたします!


テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

『ブログ』というものについて考える
どうもこんばんは、騎士舌汗です。


私は数年前からこのブログというものを細々とながら続けてきました。

今ではブログを通じた友人というものも少しでき、非常に楽しく運営させていただいております。


ここ1年ぐらいは完全に放置していました関係で、久しぶりに自分のブログの更新を再会した時に結構冷静に自分のブログを見ることができました。

そして、私の欠点を見つけたのです。


















それは、文字が多すぎること。



最近ランキングの上位に載っているサイトを見て回り、自分に欠けている所を勉強していたのですが、やはりランキング上位のサイトはブログが読みやすいです。

つーか、僕より使っている文字数が圧倒的に少ない。

まあ僕の知っているブログで一番文字数が少ないのは竹原慎二さんのブログですがw


すごく勉強になりました。


私も文字数を減らし、言いたいことを少ない言葉で要約する練習をする必要があると痛感しました。

もっと見やすいブログが書ける様努力しますので、今後ともよろしくお願いいたします。



↓↓↓↓↓↓↓  記事が面白かったらクリックお願いいたします!


テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

埼玉県
どうもこんばんは、騎士舌汗です。


自己紹介のところにも書きましたが私、騎士舌汗は埼玉県に引っ越しました。

それも川口とか東京に近い埼玉ではなく、かなり田舎の方の埼玉県です。



私も北海道に住んでいた時はそう思っていたんですが、『東京都』自体がすごい都会みたいなイメージがあったんですよね。

どこまでいってもコンクリートやビルに囲まれているみたいなイメージです。


でも実際はそんなことはなくてですね、世田谷区内でも畑しかないド田舎地帯がありますし、タヌキも出ますw(実際私自身が目撃しました)

なので埼玉県の、しかも奥の方となると・・・・・








本当に田舎でございます。

はっきり言って江別に住んでいた頃を思い出しますよ。

人もそんなに歩いていないし、店もそんなにないんですよね。

ただ、車でちょっと走れば大型ショッピングモールが軒を連ねていて、何でも買うことができる、みたいなところも。


しかし、江別と決定的に違う部分が一点あります。


















それは、暑い所



『熊谷』って聞いたことあります?今年40度以上を記録して日本の最高気温記録を更新した所です。

私、今その辺りに住んでいるんですよ。

まぁ埼玉県についてはまだまだ語りたいことも多いですが、それはまた次の機会に・・・




↓↓↓↓↓↓↓  記事が面白かったらクリックお願いいたします!


テーマ:彩の国埼玉 - ジャンル:地域情報

ブログデザイン大幅変更
どうもこんにちは、騎士舌汗です。


前々から私のブログをご覧になっていた方ならわかると思いますが、ブログのレイアウトを大きく変更しました。

といってもアフェリエイトバナーを取り外してちょっとサイドメニューをいじっただけですが ^ ^ ;



「アフェリエイト」というシステムはなかなか面白いシステムですが、それに踊らされてしまうと自分がブログでやりたいこと・書きたいこともアフェリエイトに振り回されてしまうという事態になりかねません。

実際自分自身を振り返ってみると、結構踊らされていたように思います。

それに、実際の収入自体もかなりお寒いことになっておりました・・・・・



なのでちょっとアフェリエイトということからは離れて、書きたいことにこだわってブログを続けていきたいと思います。

実際バナーをベタベタ張っているとブログの見た目も悪いですしね。



というわけでこれからも騎士舌汗をよろしくお願いいたします。




↓↓↓↓↓↓↓  記事が面白かったらクリックお願いいたします!


続きを読む

テーマ:日記 - ジャンル:日記

富士山リベンジ ~そこに山があるから、やっぱり今年も登山しました!~ 最終話
どうもこんばんは、騎士舌汗です。昨日に引き続き富士登山のことを書きたいと思います。


~ あらすじ ~

「生まれて初めての富士登山を気の置けない仲間と登りたい」

その夢を叶える為にお互いのスケジュールを調整して0泊2日の富士登山に出かけた我々。

しかし、登山で自分達がへたばる前に自分達の車の方が先にご臨終を迎える。

登山道にさえ辿り着けなくなった我々。

これから一体どうなってしまうのか!!

注 : 『ガチンコ!』のナレーション風に読んでください



朝の7時過ぎという早朝に御殿場駅に意に反して放り出されてしまった我々は途方にくれました。

とりあえず朝マックしていこうとか、せっかく来たんだから箱根に寄って温泉と美味しい料理でも食べていこうとか、色んな意見が出ました。

でも僕は思っていました。





何が何でも今日富士山に登りたい


お互い社会人です。今年は集まることができましたが、来年も同じ様に集まれると思えません。

今年の富士登山のチャンスは一回しかありません。
それをどうしても潰したくない!!



僕はそう思いながらも肝心の登山道へ行く手段が見つからず途方にくれてました。
(ちなみに御殿場駅前のレンタカーは朝9時半にならないと開きません。当然そんな時間から富士登山道に向かっても、頂上まで行って戻ってくるのは難しいでしょう)


そうはいってもどうしようもないので、駅の方に歩いて行きました。
すると、バス乗り場が見えてきました。

平日の朝ということで通勤・通学の方もぼちぼちいます。

そして、何気なく止まっているバスの行き先を見ると



富士・須走口行き


なんと登山道行きのバスが止まっています!

しかも発車3分前!!

メンバー全員の目が僕に注がれます。 『どうする!?』























当然、乗車です

すぐに乗りこむ決断をしました。

富士登山が想像以上にキツイのは知っています。それに、M氏が提案した箱根で温泉&お酒の方が僕は興味ありましたw


でも、それ以上にこの仲間と富士山に登ってみたかったんです。

初めて登るY氏とM氏の、思い出に残るような登山にしたかった。

だから、即決でした。





さて、無事にバスに乗り込んだ我々。須走口登山道までは1時間の道のりです。


はい、僕以外全員寝始めました

まあ仕事明けで徹夜で山梨・静岡まで来たので当然といえば当然ですね。


しばらく走るとS氏の車がお亡くなりになった場所にさしかかりました。

何か犯行現場にもう一度戻ってきたような気分です ^ ^;;
不思議です。

でも、再びこの場所に帰ってくることができてよかった。



バスの方はなんのトラブルも無く須走口に到着しました。

でも、バスも途中速度がまったく出なくなったので須走口にいたる登り坂は相当急なんだと思います。

車で須走口に行かれる方は、出発前に必ず車の点検をすることをおすすめします。



だってレッカーで下山したくないでしょ?



須走口はやはり河口湖口と違って人が少なく登りやすいです。

登り始めは樹林帯で森の中を通っていくので森林浴&日焼け止めにもなりますね。

途中の神社で登山の安全を祈って全員でお参り。


やがて樹林帯が途切れ始め、遠くに湖が見えるくらいに開けてきました。
富士五湖です。


富士登山は始めてのM氏はしきりに感動していました。
確かに絶景です。
天候にも恵まれ、いい登山日和でした。



















遠くに見える湖は山中湖だと思います


本当はもっと写真を撮りたかったんですが、7合目に入った辺りで私の携帯電話が電池切れになりました T T
デジカメ家に忘れてきた・・・


しかしこの富士登山、チームを引っ張る人がコロコロ変わって面白かったです。

序盤は私、騎士舌汗。これは何も考えずに突っ走ってただけですw

中盤はY氏。序盤の私の登山スピードについていけず「もう富士山には来ない」と休憩中ずっといっていたのですが、見事に復活!
ものすごいスピードで富士山を終盤まで登っていきました。

本人曰く、「覚醒した」そうですw

しかし終盤はペースダウンしてしまいました。


恐ろしいのは終盤を引っ張ったM氏。

我々登山隊の最年長(33歳)ながらまったくペースが落ちません。
つーか、終盤は体が高所に慣れてきたのかペースアップしてましたw
すごい体力です!

しかもただ登るだけじゃなくて、ずーっとしゃべっているんですよ!
もう最後の方は「悪いんですが、もうしゃべらないでください」とお願いしてしまいましたw


S氏はというと車がご臨終したことによるショックなのか、終始お通夜モードでした・・・



そんなこんなで色々ありましたが、何とか富士山頂に到着しました!!

到着時間は大体14時過ぎだったと思います。

みんなで山小屋で食事して、下山しました。


ただ残念なのが台風の影響で山頂がものすごい強風になっていて、お鉢巡りができなかったことです。
次回はまた回りたいですね。


何とか麓に戻ってきたんですが18時半を過ぎており、帰りのバスの最終便はもう出発した後でした・・・・・

仕方ないのでタクシーを呼び、御殿場駅まで戻りました。

その後御殿場駅の飲み屋でお疲れ様会。登山の思い出に華が咲かせて、時間も時間なんで温泉はあきらめ、銭湯に入って帰宅しました。



いやー何だかんだいっても富士登山は楽しかったですね。御殿場駅の階段を手すりにつかまりながらじゃないと降りられないほど膝と足腰を痛めたんですが、多分来年も登りたくなるでしょう。


最後に、富士登山道としての須走口の評価をしたいと思いますが・・・・・


























登山道として、まったくおすすめしません

まず登山道までの道路が急なんで、下手すると車に大きなダメージを負ってしまいます。

それから、河口湖口に比べても明らかに登山道の傾斜が急です。総歩行距離は須走口の方が短いのですが、人的疲労度は河口湖口の倍以上あった感じがします。

それから序盤の樹林帯ですが、木の根っこを踏みわけながらの登山になりますので足元に注意してください。
浮かれて序盤に飛ばしすぎますと、本当に終盤の登りと下山が非常に厳しくなりますよ!


最後に「飛ぶように走れる」と書いてあった下山道の砂走りですが、まったく砂走りになりませんw

ただただ地面が砂地の歩きにくい下山道でした。

しかも、この砂走り地帯が長い!!

見通しがいいのでかなり下のほうまで見渡せるのですが、逆にそれが心理的に『まだこんなにあるの!?』という気分にさせ、私は何度も心が折れそうになりました。

それから、須走口の砂走りは完全な砂地ではなく、大きな石や岩がかなり入り混じった砂地なので、調子に乗って砂走りすると岩に激突!なんてことになりそうなんでご注意を。



登山中は大変だったけど、今は良い思いでです。

聞いてないけど、一緒に行ったメンバーも多分同じ気持ちだと思います。



また来年も同じ面子で登山ができるようここに祈念しつつ筆を置きたいと思います。


最後までご覧頂き誠にありがとうございました。




↓↓↓↓↓↓↓  記事が面白かったらクリックお願いいたします!


続きを読む

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

富士山リベンジ ~そこに山があるから、やっぱり今年も登山しました!~ 第二話
どうもこんばんは、騎士舌汗です。
今日は昨日書きました富士登山の続きを書きたいと思います。


須走口までは順調に進んだんですが、ここから大きな試練を我々は迎えることになりました。


須走口の登り坂がかなり急なんです。


前回も車で富士登山に来たんですが、その時登った河口湖口に比べて明らかに急です。

本当ものすごい勾配です!

なので、S氏の車の速度がどんどん遅くなります。

40km・・・30km・・・20km・・・

ついに1速にいれても10kmぐらいしか出なくなりましたw


そして、そんな速度で走っていたので後ろから来た車にパッシングを受ける私達・・・
しかたないので後続車に先を譲るため、一旦車を路肩に停車しやり過ごしました。


後続車をやり過ごした後にS氏は車を発進させたんですが、こんな急な坂なのにサイドブレーキを使わずむりやり半クラッチで発信させようとしたのです。

そこで事件が起きました・・・


















ガガガガガガガガガガガ

そうです。無理やりギアを入れたのでクラッチが滑ってしまい、2度と使い物にならなくなった瞬間でございます T T

車内に漏れてくる焦げ臭いと滑るギアの音、それと対照的な富士山の朝焼けの美しさと、S氏の悲惨な顔は今となってはいい思い出ですが、その時は本当に凹みました。

もう今回は富士山登れないっしょ!



つーか、東京帰れんの?



みんなの気分が落ち込んでしまったその時、M氏がこう言いました。



「いやー、本当人生には3つの坂があるっていいますけど本当ですね。


登り坂


下り坂


そして




















まさか

今日は運悪くまさかが来ちゃいましたねー」


Mさん、本当にいいキャラです。
そしてこの話、なかなかよかったのでその後も折に触れて私はこっそり使ってますw


え?ところで車がそんな状態になってからどうしたんだって?


















レッカーですよレッカー

JAFに電話して富士山5合目近くまでレッカー車呼んだんですよ!


はい、我々は壊れたS氏の車に乗り込んで、その車をレッカー車に積み込んでレッカー車で富士山を下山ですよ!
こんな経験したことないでしょ!!



結局車が壊れたのが朝5時くらい、レッカーが来たのが6時半ぐらいだったのでどこも車の修理屋もやっていなく(そりゃそうだ)、ある修理屋さんのご主人をたたき起こして対応していただきました。



その後車屋のご主人のご好意で御殿場駅まで送ってもらった我々。
いったいこの後どうするの??

つづく




↓↓↓↓↓↓↓  記事が面白かったらクリックお願いいたします!


続きを読む

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

富士山リベンジ ~そこに山があるから、やっぱり今年も登山しました!~ 第一話
どうもこんばんは、騎士舌汗です。

前に一度書きましたが私、騎士舌汗は富士山に登山したことがあります。それも0泊1日!もちろん頂上まで行きました。

↓↓ちなみに過去の登山の様子はこちら↓↓
http://kishiberohan.blog4.fc2.com/blog-entry-78.html



この話を飲み会などでたまに話すんですが、会社の同期にある日こう言われました。





『俺富士登山にすごい憧れているんだよね。やっぱり一生に一度は登ってみたいじゃない。でね、師匠にお願いがあるんだけど富士登山の案内してくれない?』





最初は冗談かと思っていましたが、彼は本気のようです。
そんな中実は僕も登りたかったという同期が出てきました。皆さん本気で富士登山したいようです。
じゃあ、というわけで私自身1度しか登ったことがないのですが私が案内役になり富士登山を行うことになったのです。
















0泊1日で




予定はこうです。

火曜の夜に上野駅に集合・出発。

中央自動車道を乗り継いで富士山登山口へ。

夜が明けるか明けないかぐらいの時間帯から富士登山開始

お昼頃富士登山到着予定(時間と体力が許せばお鉢巡り)

富士登山恒例・山頂から北海道の恩師へお手紙送付

日が落ちるまでに下山

ほうとう !

温泉!!


の予定でした。

しかし、本当に予定というものは予定通りに行かないものですね。
というか、今回の富士登山は一筋縄ではいきませんでした!!



参加メンバーは以下の4人



騎士舌汗:今回の登山の案内役。登山隊を引っ張る立場だったのですが、仲間に引っ張っていただき沢山助けていただきました。登山隊のツッコミ役。


M氏:我々の中で一番年上の生粋の浜っ子。登山隊のムードメーカーだが、悲しいかなド変態である。変幻自在のボケと下ネタを繰り広げる。


Y氏:AB型の埼玉県民。他の人の個人的な相談に乗ってあげたりと非常に頼りになる一面がある。登山隊のまとめ役。でもツッコミはやってくれない。


S氏:生粋の千葉県民。そして生粋のボケである。彼がノッているときのマシンガンボケには目を見張るものがある。
ちなみにものまねも得意で、十八番は『中尾彬』と『浅香光代』。



当時は私は東京都民だったので、「東京・埼玉・千葉・神奈川」と首都圏民が揃い踏みですね。今書いていて気づきました。(まあ僕は道産子だけど)


今回の登山はS氏の愛車・レガシィを出してもらいました。Sさん本当にありがとうございました。






さて、気になる旅路の結果なんですが、




火曜の夜に上野駅に集合・出発。

中央自動車道を乗り継いで富士山登山口へ。




ここまでは非常に順調でした。皆さん仕事終わりでまったく寝てないのに元気です。途中のコンビニで登山の食料や飲み物を買いこんだりと楽しく山梨県まで来ることができました。

ちなみに今回私が選択した富士登山の登山道は前回登った河口湖口ではありません。





須走口という所です。




ちょっとマイナーな入り口ですが、一度河口湖口から登山したことのある方なら覚えていらっしゃると思います。登山途中で別の登山口と合流した場所がありませんでしたか?
それが須走口です。



須走口は非常におすすめの登山道で、人も少なめで登りやすいし、登山途中は樹林帯なので森林浴と本格的な登山の両方が楽しめます。
また、途中で河口湖口と合流しますので「のんびりした富士登山」と「観光登山化した富士登山」の両方が楽しめます。
しかも下山道に『砂走り』があるので下山が非常に楽チンです!
(砂走りというのは、地面がやわらかい砂地になっているので一足で稼げる距離が大きく、アッという間に下山できます!)























とネットに書いてありました


全然ちゃうやんけ!!


次回、我々キシベ登山隊の涙と汗と、そして仲間に支えられた富士登山の記録を書き記したいと思います。




↓↓↓↓↓↓↓  記事が面白かったらクリックお願いいたします!


テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

東京って過ごしやすいか??
どうもこんにちは、騎士舌汗です。


最近めっきり涼しくなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

実は私の今住んでいる部屋は窓が北向きなので、日当たりも風向きもあまりよくありません。

なので窓を閉め切っていると部屋の空気が淀んでしまいます。



昨日の夜は部屋の大掃除をしたので空気の入れ替えをしてから寝たのですが、冷たい空気が沢山取り込んで寝たので朝起きたら鼻風邪を引いてしまいました。

本当調整が難しいものですよね。



前から感じてるんですが、東京って本当に一日過ごしやすい日ってほとんど無いですよね。



春は陽気に誘われて外出したくなりますが、花粉地獄ですTT


やっと花粉が納まったと思ったら、梅雨スタートTT


やっと梅雨が収まったと思ったら、猛暑スタートTT




夜になっても30度以上とかありえないですよ!扇風機から熱風が出ます!!



そして、秋が来たなーと思ったらアッという間に空っ風吹きすさぶ冬がやって来ます。

この冬が辛いんですよ!

北海道出身だから冬の寒さは大丈夫なのでは?とよくこっちの人に言われるんですが、まったくそんなこと無いです!なまら寒いです!!

逆に暖房設備が整っている北海道の方が冬は室内に関しては過ごしやすいと思います。
(現に私の弟は真冬の北海道でも短パン・半そでで過ごしてます)




年取ったら長沼とかで牛飼って暮らしたいなぁ、と今日も秋風に吹かれながら思ったキシベでした。




↓↓↓↓↓↓↓  記事が面白かったらクリックお願いいたします!


テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

ブログを書いてやせる!? ブログダイエット!!??
どうもこんばんわ、騎士舌汗です。

東京から縁もゆかりも無い埼玉県に引っ越してきたんですが、埼玉県に友人は結構います。
今日はそんな埼玉県民Y氏から聞いた話です。


岡田斗司夫って皆さん知ってます?東大でオタク学とかの教鞭をとっているオタク会ではちょっと有名な人です。(僕自身はオタクじゃないですよ!!)
その岡田斗司夫氏、体重117キロ→67キロという50キロダイエットに成功した人物というのは知ってました?
私はニュースサイトか何かで知っていたのですが、そのダイエット方法に秘密が合ったようで、今日Y氏が教えてくれました。
その方法とは・・・・・




レコーディングダイエットと言います




やり方自体は非常に簡単で、自分の体重や具体的に体重を減らすために何をやったのか?1ヶ月後や半年後にどうなっていたいのかなどといったことを毎日かかさずブログに書いていくというものです。


これは正直きついでしょー!
僕はダイエット自体よりきついと思います。

ブログを自分で更新している人は知っていると思いますが、ブログの更新って結構パワー使うんですよね。
これが毎日更新だとかなり自分自身にプレッシャーになると思います。

ましてや、書く内容が自分の体重に関することを書くから当然他人の目にさらされるわけで、『誰も見てないからさぼっちゃえー』みたいなことができないんですよ!!
これはきつい!!


僕自身はやったことないですが、効果はてきめんだと思いますので興味のある方はぜひチャレンジしてみてください。


僕?
僕はビリーズブートキャンプでもやりますよ




↓↓↓↓↓↓↓  記事が面白かったらクリックお願いいたします!


テーマ:(´∀`) - ジャンル:ブログ

メイド喫茶に続く第2の喫茶店ブーム!?
どうもこんばんわ、騎士舌汗です。

最近知ったんですが、メイド喫茶に続く新しい喫茶店が密かなブームになっているようです。
それは・・・




猫喫茶


1時間1000円とちょっと喫茶店としては高いと思いますが、時間一杯は猫ちゃんと戯れることができる「癒し系喫茶店」らしいです。
ちょっと気になりますよね。
下記にお店のリンク張っておきますので、気になる方はちょっとのぞいてみてください。
↓↓(吉祥寺のお店です)↓↓
http://homepage3.nifty.com/calico/


僕は行ったことないですが癒されそうですね^^




↓↓↓↓↓↓↓  記事が面白かったらクリックお願いいたします!


ボクシング・内藤VS亀田戦見ました
どうもこんばんわ、騎士舌汗です。

食事を早めに終わらせてボクシング・内藤亀田戦見ました。
やっぱり予想通り技術力の差が出てしまいましたね・・・
まあ、応援していた道産子・内藤さんが勝ってよかったです。
亀田そそくさと帰りましたね。


そんなボクシングでは勝てないので急遽相撲での勝負に出た亀田選手、信じられないような話ですがセコンドが反則行為を助言していたようです。(友人Y談)


本当ならほんとどうしようもないですね。




↓↓↓↓↓↓↓  記事が面白かったらクリックお願いいたします!


ひっそりと復活です
どうもこんばんわ。騎士舌汗です。

本当に長らくブログを放っておいたものです。自分でもびっくりですw
皆さんも長らくご覧になっていない間に自分の周りの環境が大きく変化された方も多いのではないでしょうか?

かくいう私も色々自分の周りの環境が大きく変化しました。
その辺はおいおいお話していきますね。



さて、久しぶりの更新なんで何を書いたらいいのかさっぱりですがちょっと書きたいネタがあります。




ボクシングの内藤大助対亀田大毅戦です。

先日ヤングサンデーだったかで内藤大助選手のインタビュー読んだんですが、北海道豊浦町出身の道産子だったんですね~
同じ道産子として応援してます。


それに加えて、あの亀田選手とやることになったプレッシャーは大きいでしょう。亀田選手についてはとやかく言いません。(あまり好きじゃない)
ぜひ内藤大助選手に勝っていただきたい!!



明日は早めに家に帰ってじっくり観戦したいと思います。




↓↓↓↓↓↓↓  記事が面白かったらクリックお願いいたします!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。