キシベヤ
どうもこんにちは!『騎士舌汗の部屋』略して『キシベヤ』にようこそ! 話題はオールジャンルで扱っていくんで、どうぞゆっくりしていってくださいね
プロフィール

騎士舌汗

  • Author:騎士舌汗
  • 北海道・札幌市出身 埼玉県在住。
    ひょんなことから宅建・管理業務主任者を取得し不動産業界に縁を持つ。
    現在、某不動産管理会社所属。



訪問者様総数



カレンダー

05 | 2005/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



気になったらクリック!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



今日のお天気


-天気予報コム- -FC2-



ケータイでキシベる

QR



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道の思い出・めしのはんだや
どうもこんばんわ、騎士舌汗です。実際に北海道に住んでいるとまったく気づかないのですが、実は北海道にしかない店は結構あるんですよ。
富士メガネ、ヴィクトリア、風月、セイコーマート(これは厳密に言うと違いますが)などなど・・



そんな中僕が帰省したら必ず寄っているのが『めしのはんだや』です。



このはんだやは定食屋さんなんですが、とにかく安い!ありえないぐらい安いっす!!正直僕の通っていた大学の学食より安いしうまいっすw
だから帰省中は必ず一回は寄るようにしてます。



実は結婚式がお昼からということだったので『めしのはんだや』で一食食ってから式に臨んだんですよ。
で、その時注文したキシベチョイスのはんだや定食がこちら






mesi.jpg



さっき気づいたんですが、肝心のおかずがめしに隠れちゃってますねw  やってまった
ちなみにおかずは鮭です。
僕が言いたいのは結構なボリュームのこの定食が



280円だったかな

ありえねえ安さだ!歌舞伎町とかにあったら飲みの前にぜってーいくよ!


なんか本社が仙台らしいので東北にも沢山ある模様。もし北海道で『めしのはんだや』を見つけたらぜひお立ち寄りください。
すばらしいめしの量に大いに満足していただけるはずです。

スポンサーサイト
北海道の思い出・北海道の結婚式
どうもこんばんわ、騎士舌汗です。まず今日は常連さんに対するメッセージを書きたいと思います。





しのさん 正解

ちなみに今は刺青は禁止になっています。入り口の注意書きを読んだので間違いないです。



さて今回の帰省は結婚式の参加だったので、今日は北海道の結婚式について語りたいと思います。



一般的に結婚式(披露宴)に出席するときはご祝儀を持参して参加するのが一般的ですね。金額は2で割り切れない数字にすることが多いようです。
でも、北海道の結婚式(披露宴)って会費制なんですよ。
招待状に今回の披露宴の会費が書いてあり、それを払えば他は何もしなくていい、というのが北海道では一般的らしいのです!
僕はこの話を友人と結婚式前夜に飲みに行って聞かされたので衝撃を受けました。
だってご祝儀用意していたんだもん


とはいっても親・兄弟、親戚などは会費とは別にやはりご祝儀を出すようです。でも金額はあまり多くなく、やはり北海道ではご祝儀は例外のようです。


でも僕は思ったのさ。
こっちは東京から帰ってきて結婚式に参加するほどの仲よ!
やはり例外かもしれんが、相手方が気を使わない程度のご祝儀を納めるのが礼儀だろう。
それが、漢(おとこ)だろ?(なんで?)


で、結局ご祝儀出してきました。他の友人たちは思い思いに花などを親友に贈っていました。
ご祝儀ではなく、心のこもった物をあげている友人たちを見るにつけ、何も用意してない自分が少し情けなかったです。



東京に帰ってきてこの話を同僚(東京出身)に話したらこんなこと言ってました。



全然なさけなくないよー
そりゃー金の方がいいだろ~新婚生活金かかるんだからさ~



東京人は現実的だな、って思った。





↓↓↓↓↓↓↓  記事が面白かったらクリックお願いいたします!


北海道の思い出・僕の両親の話
どうもこんばんわ、騎士舌汗です。今日から何日かにわたってこの間帰省した時の思い出話をしたいと思います。



この間の土曜だったか、弟と一緒に温泉に行ってきました。僕の実家は札幌近郊の都市にあるんですが、その中でもとびきり田舎の方にあるんで温泉が結構近くに沸いてます。今では帰省時の楽しみの一つになっているその温泉に浸かりながら、弟と両親の話をしました。



僕の母親はかなり気分屋です。さっき機嫌がよかったかと思えば、ちょっとしたことで機嫌が悪くなったりします。僕は優しい女の子が好きなんで、気分屋の母親は女性としてみると厳しいです。(でも母親としては大変尊敬しております)
そんな母とずっと一緒に過ごしてきた父とのエピソードを弟が紹介してくれました。



父親だけの給料では生活が厳しくなった僕の家庭は母親も働きにいくことになりました。でも外で働くことはストレスが溜まりますね。母は毎日疲れ果てて帰ってきました。
父はそんな母の助けになるようにと、ある日から母の布団を毎日引いてあげるようになりました。


何日かは喜んでいた母ですが、ある日

『布団にシワがあって痛くて寝れないべや』

とお怒りになったそうです。
父はその日から布団を敷くばかりでなく、布団のしわを一本一本丁寧に取ってあげるようになったそうです。


しかしある日、いつものように布団を敷いてシワを取っていると


『いつまでシワ取ってんの!こっちは疲れてるんだから早く寝たいっしょ!』

とお切れになったそうです。
さすがにこの時は父も

『もうお前の布団は敷かん!』
と切れたそうですw



でも僕は思うんですよ。なんだかんだ言って父は優しい男だな、って。なかなかできることではないです。少なくとも僕ならとっくに切れてますw
そんな話をする弟もどんなときも母親の愚痴を聞いてあげているようです。やはり弟も父の血を引いているんだな、と感じたエピソードでした。
北海道から帰ってきました
どうも、騎士舌汗です。20時頃やっと自宅に帰ってきました。いやーやっぱり北海道は遠いね!疲れた疲れた


メールとかも沢山届いていたようですが、とりあえず保留^^;
明日お返事いたします。
今回の帰省でも色々ここで書きたいことが沢山あったので徐々に書いていこうと思います。
明日、北海道に帰省します
どうも、騎士舌汗っす。明日、いよいよ1年半振りに北海道に帰省します。理由は小学校時代からの友人の結婚式に招待されたからです。


彼はK君といいます。この友人との出会いは今でも忘れません。『信長の野望』の話で盛り上がったのが出会いですw(本人覚えてるかね?)
僕はどうしても北海道の君主・蠣崎で天下統一したいとほざいていたんですが、彼とその辺の話で盛り上がったような気がします。


それからだんだん仲良くなって、サバイバルゲーム・TMN・戦争物のボードゲームと、およそ彼と親しくなかったら決して出会わなかったような楽しい事を色々僕に紹介してくれました。


中学校・高校と一緒だったんですが、同じクラスだったのは小学校5・6年の時と高校1年の時の3年間ぐらいだったかな~。
高校時代はよくクラスメートと飲んでました。(何を?w)
いつも溜まり場になるクラスメートの家があるんですよ。その家にそれぞれ持ち寄って(何を?w)朝まで語ったものです。
もちろん、K君も一緒に。

で、大体高校生の飲み会だから最初は『お前好きな女いるの~』みたいなことですごい盛り上がるんですよ。これが。
でもだんだん入ってくると(だから何が?w)自分の進路・自分の将来・そして、友人とは?親友とは?みたいなしんみりした話になるんです。


その時に僕はとんでもないことを言ったのを覚えています。
『俺には親友が一人もいないんだよ!』
若いなー、俺w
みんな覚えてないよなこんな発言。K君はどうかね?


そして高校卒業。みんなとっちらかっていく中、僕はみごとに浪人が決定!K君は地元の大学に進学しました。
でも、関係は切れず、あたたかい友好が続きました。


やがて東京の大学に進学した僕は彼女ができました。でも、女性関係にまったくうとい僕は色んな問題を抱え悩みました。
大学3年になるとこれからの進路・何がしたいのか悩みました。
そして大学卒業後は仕事をやめるかどうか、やめてどうするか、その後東京に残るのか北海道に帰るのか悩みました。


そんな時いつも助けてくれたのがK君でした。


何時であっても電話しろ。話し聞くから、と言ってくれるK君にいつも感謝してました。
そして、彼女も悩み事があるとちゃっかりK君に電話して相談していたようですw


そんな彼が結婚します。なんと相手は高校1年の時のクラスメートです。
僕は高校時代女性が苦手だったんで、相手の方とはほとんど話してませんが、素敵な方だということは知ってます。



K君。明日北海道行くよ。
僕はなんにもしてあげられなかったけど、これからもよろしくね。いつか恩返ししたいな。
そして、結婚おめでとう!
どうか、幸せになってください。
そしてまたオホーツクビールおごってね^^



騎士舌汗





↓↓↓↓↓↓↓  記事が面白かったらクリックお願いいたします!


ミクシィに参加!
どうもこんばんわ。騎士舌汗です。先日の土日でさまざまな出会いをしてきた私ことキシベですが、その中で出会った人の中にミクシィをやっている人がいました!


僕は前々からSNS(ソーシャル・ネットワーク・システム)の持つ『一見さんお断り』みたいなクローズドなコミュニケーションサイトに興味を持っており、(その方が密なコミュニケーションが図れるような気がした)ぜひミクシィやっている人と出会いたかったのでついに!といった感じでしたね。
しかも後で知ったんですが、道産子の方でした。(苫小牧市)
なんという偶然!飲みに行った時に話したんですが、まったくわかりませんでした。
紹介してくれたY君には本当に感謝しています。



さっそくミクシィに登録してみたんですが、コミュニティが沢山あって結構面白そうです。
そして「あるんじゃないかな~」とは思っていたんですが自分の母校の高校のコミュニティを発見w
早速参加してみました。



これからはミクシィも使いながら幅広いコミュニケーションを図っていきたいな、と思ってます。
ある意味これが一番土日の交流の収穫かも^^;



PS:もしこのブログを呼んでミクシィに参加してみたい、と思った方は僕に連絡ください。追って連絡させていただきます。
今週末は忙しかった!
どうも、騎士舌汗です。今週末はジェームス・スキナーのセミナーに参加したり、飲み会に参加したり、毎日がすごく忙しくてコンフェデレーションカップの録画がたまるばっかりになりましたw


でも、素敵な出会いが多かったんでよかったと思います。


そんな中でもいくつか書きたいことがあるんですが、眠すぎるのでまた次回・・・・・
みんな結婚しちゃうのね
どうもこんばんわ、騎士舌汗です。今日部屋でまったりしていたら突然携帯から『北の国から』が鳴り出した!
私、北海道の友人・知人からの電話の着信音は『北の国から』にしております。ぴったりでしょ?w
案の定友人でした。








10月に結婚するんだとさ!
相手の方には一度も会っていませんが、すごくやさしいいい女性のようです。



高校時代、彼には本当にお世話になりました。僕は貧乏で金がまったくなかったので彼にいつもたかっていました。
そして、ジャンプも買うお金にも困った私は、ある週からジャンプを買うのをやめました。
そのことにすぐに彼は気づきました。


「キシベどうしたの?ジャンプ買わないの?」


僕は正直に金が無いので今週からジャンプを買うのをやめたことを話しました。彼はその話を聞いて、


「じゃあ発売日には無理だけど、読み終わったらキシベに毎週あげるよ」


といってくれました。高校2年の春ぐらいだったと思います。




それが高校卒業するまで続きました。




そして高校を卒業して、僕も彼も浪人することになりました。
でも、彼との付き合いは切れませんでした。


「勉強の息抜きも必要だよね。引き続きジャンプあげるよ。君の家まで届けてあげるね。」


といって家までジャンプを持ってきてくれました。
1ヶ月ぐらい僕の家にジャンプが届けられなくて、久しぶりに届けに来てくれた時に


「毎週持ってこれなくてごめん」
って謝っていたのを今でも鮮明に覚えてます。





それが僕が東京の大学に合格するまで続きました。





僕が単身コンクリートジャングル・東京に切り込んでからも、彼は僕の実家にジャンプを届けてくれました。
僕が『もういいよ。本当に今までありがとう』って断っても持ってきてくれました。
その理由は


「キシベの弟がジャンプを読みたいだろうから」





それが、2年後僕の弟が地方の大学に合格して実家を出て行くまで続きました。





彼はそんな人でした。
僕は今は東京にいて頻繁に会えるわけじゃないけど、彼の結婚式には絶対に行きたいと思います。
それこそ会社を病欠扱いにしてでも北海道に行きます。
そしてここではっきりいいたい。


H君。結婚おめでとう。君の結婚相手は本当に幸せな結婚生活をおくれるだろうと、僕は確信してます。
そして、2人で幸せになってくれ
誰よりも幸せになってください
どうもお久しぶりです
本当にお久しぶりです。騎士舌汗です。
なんかサッカー見に行ったり、サッカーテレビで見たり(サッカーばっかりかよ)、三国志大戦やったりとかブログを完全に放置しておりました。大変申し訳ありません><


僕としてはブログは結構大事にしていきたいという気持ちが多いので、なまけたい自分に負けずに頑張っていきたいと思ってます。


まあ言いたい事は色々あるが、金が無いんだから俺を飲みに誘うのはやめてほしいってこと。
そして俺をいじるのはいいんだけど、まだビールかなり残ってるのに俺のビールを勝手に注文しないでほしいってこと。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。